イベント

観光急行455に飲食用の机がつきました!

イベント 2021-10-11
「朝から夕まで455」は、観光急行の最後の国鉄型急行列車455に、朝8:43分発の妙高はねうまライン往復から、観光急行の1号から4号まで乗り続ける企画運行です。
途中、急行1号で地元能生にお店を構える「汐路」さんの「かに釜めしセット」を提供するほか、急行3号でデザートもお出しします。
このほど食事提供用の机がつきました。

 ボックスの片側の椅子をつぶして、机を広くしています。
お客様は、机を台座に撮影を行ったり、お酒やお気に入りのサボを並べて楽しむなど、思い思い思いの使い方で、旅を楽しんでいらっしゃいました。

 東京都・埼玉県から友人同士でお越しになられた男性2人は、昔からの親友でともに同級生とのこと。「若い頃によく乗っていた国鉄型車両に乗れてうれしいです。モーター音が特に素晴らしいです」とお酒を楽しみながらご満悦の様子でした。
 

 大阪から親子でご乗車になられたお二人は、鉄道ファンと自認されています。鳥塚社長のブログの愛読者で、弊社の公式You Tube「トキ鉄チャンネル」の視聴者でもあります。「懐かしい国鉄型に、息子と乗れてうれしい。昨日は走っている姿を2人で撮影しましたが、有間川と青海の絶景が素晴らしいです。えちごトキめき鉄道は、鉄道ファンを大切にしているイメージです。」と嬉しいコメントもいただきました。親子で共通の趣味を持たれているのはうらやましいです。


 親子3人でお越しになられたお客様は、国鉄型455には、JR西日本の七尾線でのラストラン以来のご乗車ということです。息子さんが大の鉄道ファンで、楽しそうにご乗車になられていたのが印象的でした。

釜めしが大好評!皆様おいしいと話していらっしゃいました。




 最近では 413・455のファンの方が連続してご乗車になるケースが見られました。
妙高高原にお住いの 小宮山英一さんは、毎週雪月花に手を振るため各駅にお出かけいただいたり、雪月花や観光急行に度々ご乗車いただくなど、ご尽力いただいている方です。
 
 糸魚川市にお住いの松木隆之介くんは、観光急行の特に横田乗務員の大ファンで、毎週
お父さんの隆さんとご乗車いただいております。
将来は車掌さんになりたいと話していました。

  「息子の観光急行の乗車のために働いているような感じですね!!」と冗談交じりに話す
隆さんは、微笑みながら息子さんの楽しむ様子を見守っていらっしゃいました。

車掌さんとも会話を交わす、わが社の人気者です。

鉄道ファンの皆様の癒しの列車になりつつあるようですね!!